ヘルニアの原因を調べよう|痛みを改善する

女性

飛び出た状態です

女性

ヘルニアは、骨が変形して神経を刺激するため、腰に強い痛みを引き起こしてしまいます。この体の痛みは、レーザー治療で改善することができ、体への負担を軽減できる施術方法になります。この治療を受けることで、痛みが再発することもありません。

Read More

神経を傷つけない対策

医者

ヘルニアとは、あるべき位置から臓器やその一部がずれたり、突出したような状態を言います。腰や首などの椎間板ヘルニアは、運動をして筋力を付けながら牽引治療を病院で受けることで症状が改善されると言われています。

Read More

手術療法の適応と方法

病院

腰椎椎間板ヘルニアがひどくなると、麻痺状態が続き歩くことが難しくなる可能性があります。術後の回復が早い内視鏡を用いた手術は、現在主流となっています。使用する管が細いため、傷も少なく済みます。

Read More

一般的に多い疾患の一つ

ヘルニアの原因や治療について知りたいならこちらをチェックすると良いですよ。セルフチェックで調べることもできますよ。

検診で見つかることも

病院

ヘルニアをご存知でしょうか。ヘルニアとは、本来あるべきから脱出・突出した状態のことを示します。例えば鼠径ヘルニア、いわゆる脱腸です。臍ヘルニアはでべその事です。また、椎間板ヘルニアなどもあります。鼠径ヘルニアは、赤ちゃんの検診時に見つかることがあります。赤ちゃんが生まれると定期的に検診を受けに行くことになります。1か月検診や3か月検診などですが、その検診で鼠径ヘルニアが見つかることがあります。赤ちゃんがいきんだ時や、泣いた時など腹部に圧力がかかると腸が飛び出してしまい、足の付け根、下腹部にポコッと膨らみができます。腹部の圧力が下がるとその膨らみは自然になくなるのですが、成長にしたがって中々戻らない時があります。そんな時は手で、軽く押し戻してあげましょう。

原因そして対応

鼠径ヘルニアは男児に多い疾患ですが、そもそも胎児のときの成長過程で塞がるべき穴が塞がらないのが原因です。そのため腹腔内に収まっているはずの腸が、その穴から出たり入ったりしてしまいます。自然に出入りしている状態ならまだ大丈夫なのですが、脱出した状態が長く続くようになったり、押し込んでもすぐ出てきてしまう状態になった場合は注意が必要です。脱出した腸が壊疽を起こして命にかかわることもあります。そのような場合は、開いている穴を塞ぐ手術をしなければなりません。全身麻酔を必要とする手術になるので、赤ちゃんの成長に合わせた計画が組まれます。生後数か月の場合もありますし、1歳になったらと言われることもあるでしょう。普段の生活の中で注意しながら観察を怠らないようにし、もし、気になる事があったら、検診時に相談してみましょう。

おすすめ関連サイト集

  • 上大岡内科・呼吸器科クリニック

    睡眠時無呼吸症候群を解決させてみませんか?放置をしていると大変なので、こちらでしっかりと治療をしましょう。
  • 医療法人社団宝池会 吉川内科小児科

    世田谷区で在宅医療を利用する時には安心して利用できる病院を選ぶ必要があります。こちらで紹介されている病院はおすすめですよ。
  • 七条武田クリニック

    先生に気軽に相談することができるので脳ドックを京都で希望するならこちらがおすすめになっています。気になる人はここ!

Copyright ©2015ヘルニアの原因を調べよう|痛みを改善する all reserved.